令和6年度 石狩市森林組合通常総会終了のお知らせ

 去る6月25日(火)、『令和6年度 石狩市森林組合通常総会』が開催され、無事終了致しました。
ご出席いただいた皆様、書面決議を頂いた皆さま、誠にありがとうございました。
皆様の貴重なご意見とご支援に心から感謝申し上げます。
併せて役員会にて役員が改選され、互選で以下の通り就任いたしましたのでご報告申し上げます。

代表理事組合長菅原 道夫再任・非常勤
理事 副組合長小林 和悠前理事・非常勤
常務理事藤田 宏司新任・常勤
理事井畑 定孝再任・非常勤
理事三枝  豊再任・非常勤
理事藤田 靖則新任・非常勤
代表監事妹尾 昌子再任・非常勤
監事増田 優治再任・非常勤

今年度は、造材の生産性の向上と収益性の強化を図り、林業事業体としての基盤強化を目指してまいります。

  • 組合員の委託森林の整備
  • 国有林事業、市有林事業、企業の森林整備事業への取り組み
  • 伐期齢を迎えている民有林の皆伐事業の実施と再造林への取り組み
  • 皆伐現場の全木集材実施と、林地残材のバイオマス活用拡大
  • 職員の造材能力、オペレーター力の向上に努め、直営班強化に取り組む
  • 森林調査用ドローンの活用、事業反映
  • コンプライアンス強化のため3か月に1度程度のコンプライアンス委員会開催

皆様のあたたかいご指導、ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。



目次